Talking with Angels

”Clicker”でワクワク♪コミュニケーション

5回目の発作 

2005年11月2日
この日は私が最初の帰宅。19時半頃に帰宅した。ワンコ達はいつものごとく大歓迎でリビングを走り回り遊んでいた。しばし買い物した荷物を片づけたり、トイレシーツを替えたりして「さて、では着替えてご飯の支度でも...」と2階に行こうとすると、いつものように着いてきたリーラから「異様な気」を感じた。「えっ?まさか」とリビングに戻りアラゴンと目が合うと彼はソファーにぴょんと飛び乗った。「2階には行きません」という意思表示。いつもと同じ行動だ。ただひとつの点を除いては...

「怖い…怖い」

言葉ではない、でもそのイメージがダイレクトに伝わってきた。それはとても強い思念だった。なんの根拠もないが「また始まる」と直感した。自分を落ち着かせながら棚からレスキューレメディを取り出し、まずアラゴンに飲ませた。そしてリーラ。落ち着くために自分にも...それから先生に見てもらうために動画を撮ろうとデジカメを用意してアラゴンの横に座り伏せさせ体を撫でた。時計に目をやる。8時12分だ。その3分後痙攣が始まった。(発作がおさまった直後、下記のようにメモした)

20:15ヨダレが流れはじめ少しずつ痙攣が始まる。
20:20身体が震えソファーから降り、痙攣が激しくなる。
20:25少し落ち着いてくる。
20:27意識がはっきりしてくる(表情が戻る)目が合うと尻尾をふる。
(この間、伏せた状態で落ち着かせる。多分様子はいつもと変わらず)
20:40合図とともにいつも通り動き始める。ぼーっとした感じなし。


2005年11月2日の記事転載

Comment

Add your comment