Talking with Angels

”Clicker”でワクワク♪コミュニケーション

動画🎥deクリトレ講座(4)クレートに入ろう 

続シェイピングしてみよう

今回はプロンプト(ヒント)を出さずに、ちょっとずつ犬の動きをマーク(C&T※)していきながらゴール(最終目標の行動)まで導こうというフリーシェーピングです。
※C&Tは クリック&トリーツ(クリッカーを鳴らしトリーツを出す)のこと

今回のお題は、クレートに入る。です。

プロンプトとなるものは、いつもない場所(部屋の真ん中)に置いたクレートだけです。クレートのドアはもちろんはずしてあります。


動画と説明

今回もお預かり保育していたクレアちゃん(ヨーキー女子)とトレーニングした時の動画です。初めてノーヒントにチャレンジしました。



トレーニングの流れ(動画の説明)
①クレートを見たら C&T
②クレートに少し近づいたら C&T
③クレートにさらに近づいたら C&T(動画はここからスタートしてます(※)
④クレートの中を覗いたら C&T
⑤クレートに少し入ったら C&T
⑥クレートに入ったら C&T

(※)この動画を撮る前にすでに①②のステップをやっています。

注意:トレーニングは1セット2−3分以内。を多くても3セットくらいまでを1セッションにしましょう。セットとセットの間は数分インターバルをとってください。

上記説明ではゴール(クレートに入る)まで6段階で説明してますが、実際はもう少し多くなったり少なくなったりします。

クレートが置いてあるというプロンプト(ヒント)で始まったと同時に④の行動をする犬もいれば、警戒心が強く中を覗くの④までの行程でさらにスモールステップする必要があったりするケースもあります。


クレートの続き

クリッカートレーニングの良い所は、トレーニングでゴールした行動を犬が好きになることなんです。何かあってから(震災だったり病気だったり)クレートに無理やり押し込めるのでなく、普段からゲームの様な楽しいトレーニングでクレートを好きになってたら、その何かあった時にお互いに困らないですよね。

さてシェイピングで扉のないクレートの中に入れるようになったクレアちゃんのその後の様子も動画にupしていますのでそちらもご紹介しておきます。


この動画を撮る前に扉をつけたクレートで同じようにシェイピングしています。

トレーニングの流れ(動画の説明)
①クレートに入ったら C&T を数回繰り返す
②ドアを開閉して C&T 
③ドアをきっちり閉めてから開けて C&T
④ドアをきっちり閉めて C&T
⑤ドアを閉めたまま å ±é…¬(トリーツ)を出し続ける
⑥ドアを閉めてクレートの後方から報酬(トリーツ)を出す

動画の最後はお散歩の道中の様子を撮ったものです。
クレート入ってお出かけしたら楽しいお散歩が待っていた〜💓
中でリラックスしてられました。




この時のクレアさんは生後4ヶ月でした💓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

クリッカートレーニング

Comment

Add your comment