Talking with Angels

”Clicker”でワクワク♪コミュニケーション

スポ根アニメ見てたら...毒吐きたくなった 

ハーネスシリーズ(5)の2の番外編


さて、先日の某ぼったくり放送(※)の番組で、ドイツの犬事情をやってたのをオンデマンドで観ましたが、まじでハーネス率高かったですねぇ。スクールでもダブルリードでカラー&ハーネスだったし。
(前記事で宮ちゃんもコメントくれてますね)

※地デジ難民(積極的難民だよー(笑))なのに、受信料が天引きされた。ゆるせーん”


グロ友はドイツじゃないけど、やっぱり欧州でハーネス犬が増えてるみたいなのは本当だなって思いました。いろんな記事を読んでいると、チョークは法律で禁止になってるなんてのもあったり。

チョーク禁止どころか、パックリーダー論が未だにメインストリートにいる日本の犬の訓練事情...後れてる....を通り越してペット後進国なんだなぁと残念な気持ちになりました。

何を今更?な感想ですが、(5)その1で書いたように、ここ何年も日本のトレーニング事情について情報をまったく収集していなかったので、まさかもうパックリーダー論なんて振りかざすトレーナーは少なくなったんだろうって思っていたんですよ。

だって、今徘徊中(笑)のリーちゃん@パピー時代の15年前でさえ『陽性強化』でのトレーニングが日本に入ってきてましたから。そしてあ〜君迎えた頃にカーミングシグナルの本買ったし。


また、脱線しちゃうって言われそうだけど(と最初に言っておこう)

先月、旦那がHuluでアタックNo1を見始めたから、けっきょく「なつかしぃ」とか言いながら一緒に見ちゃったわけですよ。中学はテニス部(エースを狙えですね)に入ったけど、高校でやっぱりバレーやりたくなってバレー部入ったのもこのアニメで芽生えたバレーへの愛が心の奥底に眠っていたからかなぁとか。←だからアニメの話はいいから。

でね、むかーしのアニメ@スポ根なもんで、いろいろ突っ込みどころ満載なわけですよ。もう今こんなの放送したら「ぴーーー」ばかりでしょ?的にね

そんな中で、こずえとみどり(笑)がジュニア選抜の合宿で猪熊コーチに鬼のしごきを受けるんですけど(だから説明いいってば)
すごいしごきで喉が渇いて「おばちゃん、お水ちょうだい」って水をもらいに行ったら「コーチから水は飲ませるなって言われてるから」と。。。

あははは。ここで「あるあるー」って頷いた、昔@運動部だったそこのあなたはそういう世代ですね(笑)

たしかに当時は「練習中は水分とるなー」が常識のように言われてましたから。だけど今は「熱中症にならないように水分はこまめに摂取」が常識。

え?何が言いたいのかって?

人間のことなら、こうやって「昔の常識」から「今の非常識」に変わってる日本なのに、こと犬のことになると『昔の常識』にしがみついて『今の常識』から目をそらしてるんじゃないかなぁってこと。スポ根アニメ観ながらこんなこと考えてる私ってそうとうの犬馬鹿なのかも?


お散歩で犬を先導させると『ボス』になって手をつけられなくなるのであったら、ドイツのあのノーリードで歩いていた大型犬さんは完璧な「ボス」ってわけですよね。


あああ、やっぱり今回も脱線しまくり記事に...しかも番外まで。
次こそ、本題に....希望的観測...




そうそう、おまけというか。
パックリーダー論と言えば...某○リ○マ...っても最近知りましたが

それに関連した記事を、ムツゴロウさんが書いているのです。
あるブログでリンクしてたことで知ったのですが。この記事のようなただの毒吐きと違って、とてもためになる記事です。知ってる人も多いと思いますが、まだの人は是非是非お勧めです。

ムツゴロウの動物王国
こちらの記事 その6まであります。



旧投稿記事

Comment

Name - 風子  

Title - >宮ちゃん

> 記事に私のHNが出ていて、ちょっとドキッe-272としました(笑)

へへ〜。ドキっとさせちゃいました?(笑)
私の下書きしてる内容読んでるようなタイムリーなコメントだったもんで。


> その瞬間「キュンッ!!」と甲高い声で鳴いたと思うと、飼い主さんの方を向いて「ごめんなさい」状態でした。

実は(ここだけの話(え?))なんですが...
知人から「このDVDどう思う?」って強引に見せられた(^_^;のがあって。
日本の某○○氏のトレーニングのDVDだったんですが、ぞっとしました。

実は人間のカウンセリングなぞをしてるんですが、○V被害の女性を連想しちゃったんです。
『殴って。。。。恐怖支配して。。。。。やさしくする』

前頭葉が発達した脳の人間でさえ、鎖で拘束されてるわけでもないのに逃げられなくなる....犬ならさぞかし何でもいうこときくロボット犬になるでしょうね。

って、これ以上はやめておきますけど(^^;←ってもう遅い?


> ムツゴロウさんの記事、全て拝読しました。
> とってもムツさんらしい言葉の数々でしたねe-446

毎週やってた頃からムツゴロウさんの番組ずーっと見ていて、でも映画とかなんか商業主義に走ってる感じをうけてしばらく番組も見なくなってしまってて(まぁ番組自体がほとんどなくなってたとも言いますが)

でも、あの記事や他のムツゴロウさんが書いた記事を全部読んで「ああ商業主義に走ってたのは周りの業界関係者とかそういう奴らで、ムツさんは純粋に動物が好きだし真剣に研究してきてたんだなぁ」って、最初読んだときになぜかうるっとしちゃいました。


> 私もユエに飛びつきを教えました。
> と言いますか、大型犬は飛びついてもらってなんぼでしょe-2

わ〜〜い!!
実は私も大型犬に飛びつかれるの大好きなんですー。
世間的(一般常識?)には絶対に×なんでしょうけどね(^_^;

大型犬が誰にでも飛びついたら確かに怪我のもとだけど、飼い主だったらぜ〜んぜんいいじゃんって思うのでした。

2012.12.04 Tue 11:46
Edit | Reply |  

Name - 宮ちゃん  

Title - 

記事に私のHNが出ていて、ちょっとドキッe-272としました(笑)

そういえば、先日の旅行先のホテルでアラスカンマラミュートを連れてる方がいたんです。
周りは知らない犬がいてるし、慣れない環境だしで、少し興奮状態でした。
ユエを見つけて「そっち行きたい行きたい」という風に足踏みしてた所に、飼い主さんがショックを入れたんですよ。
その瞬間「キュンッ!!」と甲高い声で鳴いたと思うと、飼い主さんの方を向いて「ごめんなさい」状態でした。
「チョーク?・・・まさかスパイク??」
なんて思いながら、眺めてました。
そこまでして一緒に旅行する意味は?なんて思ったり・・・e-351

ムツゴロウさんの記事、全て拝読しました。
とってもムツさんらしい言葉の数々でしたねe-446
ついつい一気読みしてしまいましたe-2
私もユエに飛びつきを教えました。
と言いますか、大型犬は飛びついてもらってなんぼでしょe-2
そしてギュ―するのがセオリーなのでは(本気)e-287
勿論、ムツさん同様一緒にも踊りますよe-343
その時のなんとも言えないユエの顔が笑えます(笑)
ミ〇ン氏の言うとおりであれば、私はユエに「あなたの方が上ですよ~」と教えていることになるんですかね?
本当にバカバカしい話ですe-442
2012.12.03 Mon 22:53
Edit | Reply |  

Add your comment