Talking with Angels

”Clicker”でワクワク♪コミュニケーション

ハーネスでコントロール出来るの?(2) 

こちらのつづきです。

まず、我が家のワンコ達が使っていたカラー(首輪)について。

これはアラゴンのカラーの一部です
(手前2本はイルフリート君ママのたかちゃん作)
ハーフチョーク


オーダーメイドのハーフチョークカラーです。ただし、カラー部分(チェーン以外)の長さがワンコの首回りサイズ+1〜2cmというチョークの意味なしカラーですけどね

だったら普通の首輪でいいじゃんなんですが...ほら、シェルもグロも襟巻きの毛のモサモサがかわいいじゃないですか?だから、カラーをつけてもいっぱいゆるゆるにしておきたいというか...引っ張った時だけ普通の首輪サイズになるように。←セオリー違反ですけど

グロのブリーダーさんからは(フィーリのブリさんからも)コードタイプのチョークカラー(ショーで使うやつかな?)を薦められてリーラ用も持ってましたが、チョークを使った躾はかなりの技を要すると感じ実行するつもりがなかったので、そのままお蔵入りになりました。

ちなみに、本来のチョークカラーの使い方は常時ゆるんだ状態で「ショック」の合図で躾するが基本です。位置も普段の首輪をつけてる位置でなく顎の下から耳後方にかけた斜めラインです。普段緩んだ状態のチョークを瞬時にその位置でチョークかけるなんて私には絶対無理。←と当時『チョークの使い方』を読んで思いました。

最近、チョークを神業的に使っていたプロを見たことあるという友人から、その訓練の様子の話を聞いて「やっぱり素人じゃ無理」ってあらてめて思いましたよ。友人の話を聞くと、私が競技会などで目にしたプロ(訓練士を職業とする)のチョークでさえ「へた」に分類されかねませんから


と、つい脱線(しかも炎上しそうなネタ)しちゃいましたが...

このチョークカラーで犬をずっと引っ張らして「犬が苦しいから引っ張らなくなる」というのは間違った使用法であり、人道的に反する躾の方法だと思っています。そして興奮性で痛みに強い犬は引っ張りをやめるどころか強化してしまうケースもあるようです。


では、私が『引っ張らずにお散歩する』を教えた方法は...

実はちゃんと教えたのは麻呂ちゃんだけ
しかも「お外が怖い時代」を克服して、いろいろ興味が出て来た1歳半過ぎの頃で、やり方は単純『お散歩中に引っ張ったら私が動きを止め。引っ張りをやめたらまた歩き出す』後にリーダーウォークの方法を読んだときに、同じ?って思いましたが、私の場合は方向転換はしませんでしたのでちょっと違うかな。ただ立ち止まるだけでした。

もちろん、アレルギーや持病のために皮膚の弱い麻呂ですからカラーをチョークする(引いてショック与える)なんてことしませんし、首のしまるチョークカラーでもありませんでしたが、↑の方法を続けてるうちにいつのまにか普通にお散歩出来るようになっていました。(本質は興奮性な麻呂ちゃんだったので最初の引っ張りはけっこう凄かったのよ〜)


では、リーラとアラゴンに教えなかったのはなぜ?

は、次回にて〜


旧投稿記事

Comment

Name - 風子  

Title - >宮ちゃん

> 私個人の意見としては、引っ張り癖があったとしても飼い主さんが制御できる絶対的な自信があるのであれば、多かれ少なかれあってもいいと思うんです。


私もそう思います。もちろん、チョークが意味をなさないような状況で首がしまってぜぇぜぇ言わせながら引っ張ってる..って状況は別としてですが、今日upした記事にも書いたように、ちょっとの力で制御出来るレベルの引っ張りを私は問題視していませんしね。


> でも、中型犬・大型犬は話が違ってきますよねe-351

そうですね。
宮ちゃんが言うように、犬のプロや犬慣れ(その犬種に詳しい)してる場合は、そこそこ対応出来ても、初心者で気性が難しい上に体重が30キロオーバーの犬を迎えてしまってなどのケースでは、お互いに不幸になりやすいなぁと...実際にこのケースで犬が保健所行きになりそうに...とか見てきましたので。

で、小型犬で「ゼェゼェ」は本当に多いんです(>_<)

小さいから引っ張っても飼い主的には問題にならない。だからそれでヨシとしてるんでしょうけど、お散歩ワンコが多い某公園で出会った小型犬さん。飼い主さん「気管虚脱」って診断されたって言っていたのにハーフチョークで首がぐいって上がるほどの引っ張りで歩いてて。診断した獣医さんが「ハーネスにしてくださいね」ってアドバイスしてあげればいいのにって思ったことありました。←つい「悪化させないようにハーネスがいいのでは?」って言っちゃいましたけどね(^^;

2012.11.30 Fri 11:17
Edit | Reply |  

Name - 宮ちゃん  

Title - 

また興味深い記事が更新されていたので、拝読しましたe-466

私もユエ(コリー)にはハーフチョークを使用しています。
サクラ(シェルティ)は我が家に来た頃は首輪をしていましたが、現在はしていません。

私個人の意見としては、引っ張り癖があったとしても飼い主さんが制御できる絶対的な自信があるのであれば、多かれ少なかれあってもいいと思うんです。
知識もなくヘタにショックを入れたりするよりは寛容に受け止めるのもありかなぁ~とe-454

でも、中型犬・大型犬は話が違ってきますよねe-351
職業上、様々なワンちゃんのお散歩をしてきたので、大型のワンちゃんで強い引きの子でも「どんな風に体重移動すれば良いか」「どれだけ興奮させずに歩くか」など活かせる経験があります。
しかし一般の飼い主さんでは、やはり中型・大型になるとそれなりの覚悟としつけ、その犬種の知識等は必要になってきますよね。
初めて飼った初代ワンコ(中型MIX)は、何の知識もなかったので引っ張り放題でしたが(笑)

小型犬で「ゼェゼェ」言いながら引っ張って歩く子がいますが、引っ張り癖をどうする気もないのであれば、せめて首に負担の掛からないものにしてあげてほしいなぁ~・・と思うのですがe-351

記事のつづき楽しみにしてます♪
2012.11.29 Thu 20:29
Edit | Reply |  

Add your comment